2016年12月11日

ものすごく歳を取ったんだなと感じられるので

ゲームでも、「いかにプレイヤーを引き込むか」が重要ですが、『死霊のはらわた リターンズ』は1エピソード約30分(第1話は41分)という短い時間の中で、次はどうなるんだろうという引きのうまさや、原作映画を見たことがない人でもすんなりと入りやすい導入部からのストーリー構成、わかりやすい新キャラの登場シーンが印象的でした。キャラクターを大切に描いていて、没入感をすごく大切に考えているところがゲームにも通じていますね。アイディア1つ1つの情報量が多く、我々も頑張ろうと考えさせる要素もたくさんありました。個人的には、第1話の序盤に、アッシュがガーターベルトを体に巻いてナンパに行くところが最高です。昔の映画と同じキャラクターなのに


この記事へのトラックバックURL

http://xuansang.fukuokablog.jp/t10980
上の画像に書かれている文字を入力して下さい