2017年10月02日

基板を広く覆うグランドパターンにSSDの熱を拡散させる

 冒頭で紹介したとおり,ラインナップは容量240GB,480GB,960GBの3つ。公開されている主なスペックは表1のとおりだが,逐次読み出し性能最大2700MB/sなど,NVMe/PCIe x4接続の最新モデルらしい数字が並んでいると言えるだろう。
 一般的に,大手メーカーのSSD製品はエントリーモデルで3年,ハイクラスモデルで5年という保証期間だが,KC1000も5年保証なので,その点は安心感が高い。


この記事へのトラックバックURL

http://xuansang.fukuokablog.jp/t12864
上の画像に書かれている文字を入力して下さい